Concept
コンセプト
Concept

教育に関心のある保護者様に注目されています

お子様の将来を見据え自立心を育てる教育に関心をお持ちの保護者様を対象に、3歳に達する前からでも何歳からでも参加できるプレイサロンや親子教室も設けております。ベテラン保育士や子育てアドバイザーが育児にお悩みの保護者様のご相談にお応えしておりますので、お気軽にご参加いただけます。

お子様が育つ毎日の環境を大切にしています

国が定める教育要領の中にも示されているように、幼児が育つ環境は非常に重要と考えられます。もちろん、日本ならではのはっきりとした四季の移り変わりを感じることのできる環境や、のびのびと走り回って遊べる自然豊かな環境が大切であることは明らかな事実です。それに加え、取り入れているモンテッソーリ教育では、このような環境を単なる物的環境とは捉えず、お子様と関わる人々も人的環境として重要であると捉えております。つまり保育者はお子様が持っているはずの能力を引き出すお手伝い係であるのと同時に、一番身近なお手本としての役割もあるのです。園児を取り巻く全てを環境として扱い、整理して向き合えるように努めています。

双方向の関わりで自然な発達を促します

幼児教育の現場というと、先生が園児の前に立って順を追って何かを教えているようなシーンを思い浮かべる方もいらっしゃるようです。口コミで高い評価をいただいているモンテッソーリ教育では、幼児と教師、幼児と環境そして教師と環境の3つの要素が調和し、どちらか一方的な通行ではなく、どちらへも双方向の関わりを作ることで、自然な発達が促されます。お子様の発達が最も適した時期に、最も適した活動をサポートし、決して押し付けではない無理のない自立の心を育て、一人ひとりが将来社会で柔軟に生きていく力を身に付けられるよう働きかけます。

お子様を主役に考える教育方針です

どんなに人のためになる世の中に良いことを考えていたとしても、どんなに恵まれた良い環境があったとしても、それは誰のために用意されたものであるかが問題と考えております。モンテッソーリ教育では、その全てはお子様のためであり、複雑で多様な理論も、社会の役に立つ仕事も大事であると認めつつ、一番優先するべきはお子様であるため、その心と体が自然に成長するためのサポートを重要視しております。お子様が真ん中であることを基本とし、園の環境や担任がその成長を丁寧に見守り、必要であれば手を差し伸べる姿勢を大切にしております。

近隣の桑名地域の保護者様から園児の自主性を大切にすると評判のモンテッソーリ教育では、自由と並び敏感期という考えを大切にしております。お子様が、まさにその時に発達させようとしている能力に関係することに特に興味を持ち執着する時期であり、一番無理なく能力が伸びる可能性がある時でもあります。関心があることを無理なく簡単に習得できる時期であるため、それを見逃す理由はありません。幼稚園で教育に携わる保育者は園児の観察を日々怠らず、最も適した時に最も適した作業を行う機会を通じて自然に能力を引き出すようサポートいたします。